アロマグランデ の体験レポートです♪

西新宿発/風俗/日本人/派遣・出張

営業時間
9:00~Last
電話番号
03-5428-5566

すっかり空気も乾燥しちゃって、お肌も心も干からびてる
キンペイです 川 ̄_ゝ ̄)ノ ハロー♪

世の中は悲壮感が漂い、人の心はすさんでしまっています。
そういう私も、なぜ私の魅力に世の女性は気づかないのだと、すさんでおります。

どこかにいないもんですかね、、、
私の事を褒めてくれて
家事が得意で
いつもイチャイチャしてくれて
気が利いて
エッチな女子は・・・

せーーーーの
『お前には無理ーーー!』

はい、皆様のありがたいツッコミ頂きました。

そんな、私の素晴らしい魅力に気付かない一般の女性はさておき、
今回も素敵なセラピストに出会う為にエステに通うのでした。

そして今回私に下された指令は
「アロマグランデ」様の真心エステを体感せよ!
というもの。

??
派遣アロマの超が付くほどの有名店
下世話な私には、敷居が高いと思いプライベートでも利用した事がありませんでしたが、「真心エステ」って?

卑しい言い方しますが、
私のイメージは「ブルジョアエステ」
(まぁそんなジャンルはないのですが・・・)

貧乏たれで下品が服も着ないで歩いているような私としては、
毎回選択肢に入る事すらありませんでした。

そんな都会的で上品なエステなんて体験したら、
セラピストさんに「おい、お前大丈夫か?」的な目で見られて終わりのような気がします。

プライベートさえもフォーマルな感じになるとリラックスした気になれません。
そんなイメージの「アロマグランデ」様が「真心エステ」だんて・・・

しかし、最近フォーマルな皮をかぶったドエロを体験したばかりですから、先入観は不要です。

エステ道は「1勝9敗」(柳○社長のパロディ)です。
まずは体験です。

少し下品寄りの「アロマソサエティ」読者様の為に私、気合いを入れてレポートしたいと思います。

それでは本編の始まりです。

HPを見て、どこのエリアで呼ぼうかと調べていました所、
「ホテルMAP」なるものがございましたので、覗いてみると
シティホテルばかりではないですか。

やっぱり、シティホテルに泊まってるサラリーマンしか呼べないんだぁ
( ̄ω ̄;)アワワ

「センパーイ 取材で明日ホテルに泊まりますから、ちょっと遅れるかもです。」
「はぁ?」
「ほら、これ」(アロマグランデ様のHPを見せる)
「バッキャロー ・(゜O゜(☆○=(`◇´*)o ラブホテルでも来てくれるんだよ!ちゃんと見ろ!」
「ホンマヤァ」

ちゃんとラブホの案内も出てました。
勝手に自分で敷居を高くしていたんですね。

そんな訳で、調査結果としまして、
交通費が1,000円以内で
18:00までの早割りが使えるエリアでホテル代が比較的安い所
という事で「渋谷」のホテルで呼ぶことに致しました。

早い時間はタイムサービスで3時間4,000円とかで綺麗なホテルに入れるようです。
その事を調べ上げ、早々に予約をします。

予約が取れました時間が18:00前でしたので、
時間に余裕を持って渋谷に向かいました!(オイオイ、仕事は?)

予約の時間30分前にチェックイン!
これなら、もしもの延長でも安心です。
その30分を利用してシャワーを浴びておきます。

シャワーを浴びる前に「アロマグランデ」様に部屋番号をお知らせ致します。
その際、今回初回なので、最初に男性従業員がご説明にお伺いするとの事でした。

最近はこのパターンが多いですね。
人件費がかさみそうで大変だなと思いますが、
セラピストさんとしては安心ですよね。
そんな安心なお店に素敵なセラピストが集まるんだろうなぁ
なんて考えながら説明を聞いておりました。

今回は「シングルセラピスト90分」をお願いしました。
入会金2,000円サービス
コース代金 20,000円
交通費 1,000円
小計21,000円
16:00にお願いしたので早割2,000円
合計19,000円

となりました。
※因みに15:00までに呼べると早割3,000円だったりします。

注)これを読まれた時点で同じイベントをしているかはHPを確認してくださいね。

金額に関してはホテル代も考えると、
まぁまぁな金額です。
簡単に失敗出来る金額ではありません。

しかし金額とは不思議なもので
結果が良ければ全く高く感じない

パチンコで3万投資して4万出した時なんか
3万なんて「へ」でもありません。

そう要は結果が全てなんです。

そんな事を考えながら、ノーパンバスローブでソファに腰掛け
ノックの音が聞こえるように
TVも有線も付けず待ち構えておりました
※このノックが聞こえるようにする事は結構大事です。(エステ豆知識)

男性スタッフが部屋を出て2分ほどした後

コンコン

とノックの音がしました。
良く聞こえます。

返事をしドアを開けると
大きなキャリーバックを持った
エビちゃん似(海老蔵ではない方です・・)の美しい女性が立っておりました。

流石!
アロマグランデ様
フリーでお願いして、しかも早割の時間帯にこのレベルが来ちゃいますか。

どうぞどうぞと部屋に招き入れますと
満面の笑顔で挨拶をして入室して参りました。

「本日はご利用頂きましてありがとうございます。」
ん?
言葉は丁寧ですが、どことなく堅くありません。

まずは問診かなと思いきや

真横に座り
「良ければ好きな飲物をどうぞ」
と持参した3種類の市販のドリンクをテーブルにおきました。

どれも新製品のようで
どれにするか本気で悩んでいると
「選んでおいて下さいね♪」
とシャワー室の方に消えてしまいました。

ようやくジャスミン系のドリンクに決定した所
下着を着用して大きめの白のYシャツ一枚という
「アロマグランデスタイル」になって登場致しました。

「決まりました~?」
「ジャスミン好きなんですね、いいですね~」


いいですね~

ジャスミン茶選んだだけで褒められた?

いつもより美味しく感じるジャスミン茶を飲みながら
問診表を書き上げると(まだオイルは決めてません。)

「では、では、バスローブを脱いで、うつぶせになって下さいね^^」

バスローブを脱ぐと

「うわ かっこいい 良い感じの身体ですね
こういう体つき凄く好きです♪」


このぶよぶよが褒められた?

イヤイヤ、そんなの真に受けちゃイカンよ
キャバクラじゃないんだから・・・

けど、こういう体つきが好きな女子も世の中広いから一人位はいるでしょう。

「では、最初に指圧をしていきますが、その間にオイルを決めましょうね」
と背中、腰を優しくマッサージしていきます。

今回のオイルはどうしようかな・・・
やっぱりソサエティ定番「イランイラン」でしょうか・・

指圧をしながらオイルの説明をしてくれます。
腰の部分に乗ってるので、オイル説明表を見ている私が

うーん うーん 悩んでいると
ピタっと身体を密着させて
「このオイルは○○」
「このオイルは○○」
オイルの効用を説明してくれます。

で「イランイランはエッチな気分になっちゃうの」
っとゾクッとするような妖艶な声で耳元で囁きます。


今、ピンクのフェロモンを感じたような・・・
と言うことは「イランイラン」でしょう。

と思っていたら
更に密着して
「ダマスクローズっていうオイルも同じようにエッチな気分になっちゃいますよ」
とピンクボイスで囁きます。

「是非、それで!」イチコロです。
多分別料金って言っても普通に払ってましたね。
ヾ(・ε・。)シャンパン持ってこんかい!

(勿論、別料金はかかりませんでしたが、このオイルはデフォルトではないようなので、もし勧められたら是非チャレンジして下さい。)

最近の日本人エステでは「指圧、あん摩」がない所がほとんどなので、
久しぶりに日本人の女の子に指圧された気がします。
やはり、握力が必要になりますし大変なんでしょうね。
今回は15分ほど全身を指圧して貰いましたがとても気持ちがよかったです。
力もあまり入れて無い方だと言いながらも、ぐいぐい力強い感じでした。

この間もしっかりとマッサージしてるのですが、
ちょくちょく密着して耳元で、私の事を褒めます。
いやー 私の事がタイプな女性もいるんだなぁ

なんて、浮かれてませんよ。
勿論、サービスの一環だって
だけど、いいじゃないですか・・・
90分ぐらい夢見たって・・・

はいーーーー!
オイルマッサージの始まりです。

ちょっと「ダマスクローズ」をググってみました。

フムフム
ブルガリア産で
とても高価で
ホルモンの働きを正常化させるわけですね。

勿論その他美容系とかも色々あります。

このホルモンの働きがポイントぽいですね。

フヒュー
良い香りです。
ブルジョアな香りです。

しかしその香りとは別の脳神経をくすぐる匂いがして参ります。
それは彼女のシャンプーの香り

ちょくちょく密着して耳元で囁くものですから
ちょくちょく鼻の奥を良い香りが刺激します。

なぜ、こうも密着するのか?
サービスの一環だからであろうか?
私の「アロマグランデ」様のイメージはもっと
職人的なものをイメージしておりました。

もしかして、私に気がある?
それは・・・

まさか・・・

勇気を出して聞いてみました。
「スミマセン」
「はい^^」

「このダマスクローズって良い匂いですね」
「そうですね、私も凄く好きですね」
「この香りは性的興奮を助長させるっておっしゃいましたが」
「はい」





ドキドキ
「女性も興奮を憶えますか?」

「当たり前じゃないですかぁ」(ピンクヴォイス)


キタ━━━━⊂(゜ω゜⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!

マジすか!!

覚えてますか!!

オイルマッサージしながらいやらしい気持ちになってるんですか?

うひょーーー!!!!

ん?

待てよ?

以前女性代表が「しません!」
って言ってたな・・・

今回はリップサービスなのかな?

そんな事をかなり本気で悩んでおりました。
全く持って下ネタに敏感過ぎます。

あのですね、アロマソサエティはエステのレポートであって
下世話な掲示板ではありません。
下世話な話は大好きなのは私も皆様も同じ
しかし制限あるページ数 エステの実力をお伝えしなければ。

今回のエビちゃん(勝手に名付けてます。)
働き初めて半年ほどだそうで

私なんかまだまだです。
と何度も言われるのですが、
お世辞抜きで上手いし真心がこもってます。

何でも、入店したら
プロのアロマ講師にお願いしてみっちり研修をしてもらうそうです。
その後も、女の子同士でも練習をしたり、情報交換したり

とにかくココのこれがこーなってるから、眠れてないだとか、
ここがこうだと自立神経がどうだとか
とにかくしっかりしてるんです。

鼠径部のマッサージでも
でん部のマッサージも
痛気持ちいいを連発させてくれます。

そしてダマスクローズ効果?
で時折見せる密着&ピンクヴォイス

職人と娼婦が交互に出てくるわけですね。

お陰で私の愚息も大忙し

ピンクヴォイスにピッキーン

職人手技にシャキーン

卑猥な手技でピクピク

懸命な手つきにピリピリ

しかし職人モードの時は本当に関心させられました。

そんなオイルリンパマッサージが続いた後
軽くオイルを拭き取られ
パウダーに移っていきます。

背中にパウダーを振りかけられます。

サワサワ
フェザータッチ

ホフーーン といつもの声が出てします。
この触るか触らないかな感じの時も、密着してきます。
さっきはオイルの時に密着
今度はパウダーの時に密着ですから
グランデ使用のシャツも竜田揚げみたいになってます。

そして背中に密着して耳元で
「四つん這いになってぇ」(ピンクヴォイス)


どないなってしまうだろうと
ヨダレを垂らしまくる愚息を眺めながらドキドキしておりました。

四つ這いになった真後ろで何やらゴソゴソしております。
ひんやりと冷たいローションらしきものを
お菊の辺から垂らされ
ヌベヌベになった部分にクリクリしてます。


何でしょうこの、感触?

はぅ

頭を下げ覗いてみると
2本の綿棒を巧みに操るエビちゃんの顔が

これがうう噂ののの綿棒回春!!!!(正式名称は知りません)

もう、この辺からはエッチなエビちゃんが全開です。
エッチなエビちゃんでエッチビちゃんです。

エッチビちゃんは四つん這いの私を攻め立てます。

ココをこーするとどんな気持ち?
ひぃぃぃぃ

ここもこうなってるけど
気持ちいいの?
ふひぃぃぃぃ

もう私もエッチな気分なんだけどぉ
うぇぇぇぇん
原則触れません。

もうハットトリック達成されてます。

もう、ぶっちゃけこの辺りから私あまり覚えてません。

仰向けになり目の前にセクシーなお尻がきて
愚息がローションにより
テカテカになりながら、
エビちゃんの淫語連発で発射しそうになり
それでもイカせて貰えず。

もう我慢が出来ないと懇願すると
私を優しく腕枕して添い寝をしながら
乳首をチロチロ

愚息をクチュクチュ

ダメー

ストップ

クチュクチュ

ダメー

ストップ

ストップ&ゴーの繰り返しです。

クチュクチュ
ダメー
クチュクチュ
ダメェェェェ
クチュクチュ
だーーーーーーーーーー


そうりゃもう打ち砕かれましたさ。

そしてエッチビちゃん
「凄いね その気持良さそうな顔も格好良かった」
って

もうおじさん生まれてきて申し訳ない
と反省しちゃうくらい恐縮しちゃいました。

最後シャワー室にて
粉とローションにまみれた私の背中を流して頂き
最後まで至れり尽くせり

最初に頂いたジャスミン茶を頂きながら、
世間話など

その間も指名を押し売りするわけでもなく
逆に呼んで頂いた事を感謝し
私がお客であった事がどれだけ素晴らしかったかを話されました。

やっぱりいるじゃないですか。
私の事を褒めてくれて
いつもイチャイチャしてくれて
気が利いて
エッチな女子が・・・

また呼んで沢山褒めて貰おうっと・・

真心エステ最高
アロマグランデ様に
エッチビちゃんに感謝です。

キンペイ

長年リラックススタイルのレポーターとして多くのレポートを執筆。ようやくリンパマッサージの上手下手がわかるようになったみたい。風俗エステも結構好きなようだが早漏過ぎて毎回凹んでる様子。