俺のkissリフレ の体験レポートです♪

各線「池袋」駅/風俗/日本人/受付派遣型

営業時間
10:00-24:00
電話番号
03-5956-8808

参考になった数:0

こんばんは。スイミーと申します。

アロマフリー当選、ありがとうございました。

 

お店に電話を入れると、元気ではきはきとした男性の声でした。今回はオプションはつけず、60分フリーのコース(当選内容のまま)にしました。

 

「フリーの場合は予約ができないんですよー」

 

とのことなので、突撃することに。

 

池袋駅を降り、北口から2、3分歩いたところに受付がありました。受付でも手際よく対応してくれます。

 

「すぐにご案内できますよー」

 

ラッキーでした。地図を貰い、1番安いホテル(池袋グランドホテル、90分2500円)へ向かいました。

 

ホテルの部屋に入ってまず感じたのが、意外と綺麗なんです、安いのに。

池袋のホテルを利用する際はおすすめです。

 

店に電話を入れ、ドキドキしながら待っていると

 

「コンコン」

 

現れたのは白いワンピースの可愛らしい少女でした。

 

「かなです、よろしくお願いします」

 

ハーフ顔で、海が似合いそうな。ハワイにいそうな。

 

可愛さと綺麗さを兼ね備えた女の子です。

 

聞くとまだ19歳だそう。

 

かなちゃんが店に電話を入れ、僕はシャワーを浴びます。

 

シャワーから出ると、ドキッ。かなちゃんが着替えている。

 

パレオを腰に巻き、上は白のTシャツ。

 

これがとってもセクシーなんですよ。Tシャツが短いデザインでおヘソ丸見えだし、パレオの隙間からは黒い下着がチラッと見えちゃってます。

 

ベッドに移り、僕は全裸でうつ伏せに。

 

「足からオイルマッサージしていきますね〜」

 

かなちゃんの手から体温が伝わってきます。

 

「かなちゃんって、ハーフ?」

 

「違うんですよ〜」

 

よく言われるみたいですね。

 

「海が似合いそうだね」

 

「ホントですか?今年海行く予定なんです♪」

 

水着姿のかなちゃんを想像しながらマッサージを堪能。力加減がちょうど良いです。

 

足→お尻→背中→肩の順番で進んでいき、仰向けのデコルテへ。

 

この辺りで、緊張のせいか僕の喉が情けないことに。

 

「声枯れちゃった笑」

 

「お水飲みますか〜?」

 

「え、水あるの?」

 

「私の持ってきたお茶で良ければ♡」

 

か、かなちゃん…それは天使って言うんだよ。

 

天使のお茶を飲んで喉が復活。

 

「親もハーフ顏なの?」

 

「どうですかねー、母も私も目の色は茶色いですね」

 

かなちゃんのお目目を覗くと確かに茶色い。

 

っていうか顔が可愛い。

 

続いて足のマッサージへ。両手で太ももの付け根から足首までゆったりしたストローク。

 

ここで、かなちゃんの手が少しかすってくるんです。僕のおティンに。

 

この、まだそういう雰囲気じゃないのに体が反応しそうになる感じ、たまらんです。

 

お互い静かになり、駆け引きをしているような、緊張感のある時間が流れる。

 

このときの、かなちゃんのなんとも言えない表情が、またいいんですよね。

 

「じゃあ最後やっていきますね〜」

 

お楽しみタイムです。

 

大人しくしていた僕のおティンを、かなちゃんの手が責めていきます。

 

小動物を愛でるような、柔らかいタッチ。

 

も、もういいよね?と言わんばかりにおティンはムクムクと成長していきます。

 

気づくとかなちゃんがエッチな顔になっている。

 

たまにこっちを見て、僕が視線を返すと照れながらニッコリ。

 

続いて添い寝モードへ。

 

かなちゃんの頭が僕の肩へ。髪の毛からとってもいい香りがします。

 

さらにかなちゃん、太ももを僕の太ももの上に重ね、腰をグッと押し付けてくれます。

 

かなちゃんの柔らかい肌に密着され、夢心地です。

 

「おっぱい大っきいね」

 

「んふふ♪」

 

イチャイチャの中で、19歳の張りのあるオッパイも揉ませて頂きました。

 

「ローション使っていきますね〜」

 

少しひんやりしたローションがおティンを包んでいく。

 

添い寝しながらも器用に両手を使うかなちゃん。ローションの滑りを利用し、多彩な技を繰り出していきます。

 

まだ19歳だというのに、どこで覚えたんでしょうね。

 

終盤になると、かなちゃんが添い寝をやめ、僕の腰の横にチョコンと座るスタイルへ。

 

添い寝疲れちゃったのかな?と思っていると、急にかなちゃんの手が躍動感を帯びていく。上下に速いストローク。

 

どうやらトドメをさしにきたようです。シンプルだけど確実にツボをとらえ、息の根を止めにくる。

 

このときのかなちゃんの雰囲気、忘れません。

 

サッカーでいう、キーパーと1対1になったときのフォワードのような

 

私、これからこの人を射精させるの

 

という確信に満ちた表情に、ドMの僕は大興奮でした。

 

「や、やばい」

 

「いいですよ♡」

 

果てるまで、ほんの数秒でした。

 

シャワーを浴び終わると、かなちゃんはワンピースの少女に戻っていました。

 

さっきのフォワードかなちゃんはどこへやら。

 

「すっきりしたよー。でも、腕疲れちゃったでしょ?」

 

「ぜんぜん大丈夫ですよ、喜んで貰えて嬉しいです♪」

 

いい子です。

 

一緒に部屋を出て外へ。

 

「またよろしくお願いします♡」

 

やわらかい笑顔で見送ってくれました。

 

本当に、素敵な60分でした。次はキスのオプションをつけて再チャレンジしたいですね。

 

マッサージも上手なので、日々の疲れを癒すのにピッタリですよ。

 

次は、あなたのkissリフレです。

アロマフリー当選者

0円になる驚愕のアロマフリー!実際の当選者からリアルな感想を頂きました。何度も当選している強者はレポートも熱がこもってます。是非参考にして下さい。